AzureDevOpsにおいてmasterブランチの編集制御

AzureDevOpsにおいて、masterブランチの編集を制限させたいときがあると思います。
1つの対策案として以下の手順を紹介します。(もっと簡単な方法もありますので、別記事で紹介します)
こちらの内容では、各ブランチからプルリクエストをした際に
必ずあるユーザーが許可しないとmasterにマージできないようにする仕組みです。

①AzureDevOpsの初期画面
f:id:ykyam:20200228145349p:plain

②対象のプロジェクトを選択、左下の「⚙」マーク(ProjectSetting)を押下する
f:id:ykyam:20200228145357p:plain

③Repos > Repositoriesを選択する
f:id:ykyam:20200228145406p:plain

④対象のレポジトリ > Branches > masterブランチを選択し、Policiesを押下する
projectSetting2

⑤以下の画面が表示される。
Automatically include code reviewersの中の「+Add Automatically reviewers」ボタンを押下する
f:id:ykyam:20200228145434p:plain

⑥画面の右側に設定する箇所が表示される。
f:id:ykyam:20200228145424p:plain

⑦以下の画面のように設定する。(reviewerについては各プロジェクトごとに設定する)
f:id:ykyam:20200228145442p:plain

⑧設定後、下部に表示される。
f:id:ykyam:20200228145434p:plain
※不要になった場合は、対象のreviewerの右側にあるEnabledのスライドバーをOFFにする